【レビュー】丸美屋「ずんだもちの素」で余ったお餅を有効活用

スポンサーリンク

今日は1/11、鏡開きですね!

お正月のお餅、そろそろ飽きてきたのではないでしょうか!?

そんなときは、丸美屋の「ずんだもちの素」があるとおいしく食べることができます!

こん太
こん太

お正月のお餅が余っている方におすすめ!

スポンサーリンク

丸美屋「ずんだもちの素」とは?

ずんだもちの素となる粉末と少量のお湯を混ぜるだけで、簡単にずんだ餡を作ることができます。

粉末はフリーズドライ製法の茶豆で、一袋の中に三つの小袋が入っています。

実際に食べてみた

作り方

作り方はとっても簡単!

①お餅をゆでる
②ずんたもちの素をお湯と混ぜ合わせる
③ずんだ餡をお餅とからめる

お餅をゆでる

正月の余ったお餅を電子レンジで30秒ほど温めて柔らかくします。

タイトル通り、お鍋でゆでても良し、焼いても良しです。

ずんだもちの素をお湯と混ぜ合わせる

粉末(小袋)を小皿にあけ、大さじ1のお湯で溶きます。

お餅一つにき小袋一袋が目安だそうです。

ずんだ餡をお餅とからめる

お餅にずんだ餡を絡めたら完了です!

食べた感想

まさに「ずんだもち」です!

そこまで甘くなく、茶豆の味がしっかり出ていました。

数年前に仙台旅行に行った際に食べて以来でしたが、それをお家で食べれるのがいい感じですね。

正月のお餅消費に一役買いそうですが、そのほか白玉団子やアイスにも合うと思います!

お求め方法

「ずんだもちの素」はスーパーや100円ショップで購入することができますが、近所のスーパーではなかなか見かけないので今回はAmazonで買ってみました。

1箱(10袋)まとめて買ったため「多すぎたかな?」と思いましたが、賞味期限が11月までなので長く楽しめそうです。

丸美屋では「おもち亭」シリーズとしてその他にもいろいろな味を出しているみたいです。

販売単位が箱、袋と異なるのでご注意ください。

まとめ

この記事では、丸美屋の「ずんだもちの素」を紹介しました。

・粉末状の茶豆とお湯を混ぜるだけで簡単に「ずんだ餡」ができる
・食べた感想は正に「ずんだ餅」!
・「おもち亭」シリーズはその他にも色々な味がある
正月のお餅を最後まで楽しめないものかと試してみましたが、普段のおやつにも大活躍できそうです!
 
ぽん太
ぽん太

余っていたお餅を有効活用しようと思っていたけれど、足りなくなったので買い足さなきゃ><;

もう太
もう太
ぜひ、お試しください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました